Case 1
Aさんの場合

遠隔地からの
介護を実現する
Case 2
Bさんの場合

老々介護を
多業種が支える
Case 3
Cさんの場合

1人で介護する人を
孤立させない
Case1
Aさんの場合:遠隔地からの介護を実現する
「カイゴリアン」で、遠くにいても見守りながら介護ができる。
大手企業勤務で転勤の多いAさん(50歳)は、遠くに住む母親(80歳、まだら認知諸王あり、介護度1)が住み慣れた家で生活を継続できるよう、離れて暮らしつつも見守りながら介護をしたいと考えています。

そこで、「カイゴリアン」を使い、ケアマネや介護関係者と密にコミュニケーションを取ることで、いつでも母親の体調を知ることが出来、いざという時にスムーズに対応できるようにしました。
Aさん(離れて暮らす息子)
離れていても安心!
介護事業所
付加価値のついたサービスができる。
ケアマネ
情報共有で信頼関係を築きやすい。
メリット
・遠方にいても介護の状況をすることができて安心!
・住み慣れた家で老後を過ごすことが出来ストレスも軽減
メリット
・いざという時に対応しやすい
・よりきめ細やかな介護を実施できる
・ご利用者様から見たサービスの価値がアップ!
メリット
・ご家族の方とのコミュニケーションがより円滑に!
・ご家族やご本人の希望のケアプランが立てやすい
Case2
Bさんの場合:老々介護を多業種が支える
「カイゴリアン」で多業種の介護サービス間の連携をスムーズに。
子供の居ないBさん夫妻は、夫のBさん(85歳)が妻(80歳、介護度2)を自宅で介護する老々介護。ご本人はパソコンを使わないため、地域の多業種介護サービスが協同して情報をやり取りする必要があります。

「カイゴリアン」を使うことにより、外部にプライバシーを漏らすことなく必要な情報を共有できるので、多業種間の連絡がスムーズになり、「地域の介護サービス全体で」老々介護を支えることが出来ます。
Bさん(妻の介護をする高齢夫)
情報伝達が楽に。
介護事業所
業種間の垣根を越えた連携が可能。
ケアマネ
現状把握が手軽にできる。
メリット
・介護サービス同士が情報共有できるので伝達が楽に!
・より要介護者目線のサービスを受けることができる
メリット
・業種の垣根を越えた連携が図れる
・ご本人の了承を得た上で必要な分だけ情報共有できるので、プライバシー問題を気にしなくていい
メリット
・ケアマネ同士の連携がスムーズに行える
・インターネットとパソコンで手軽に現状把握できる
Case3
Cさんの場合:1人で介護する人を、孤立させない
「カイゴリアン」でコミュニケーションを密にして孤立させない。
専業主婦のCさん(45歳)は、夫の母親(80歳、介護度3、徘徊あり)と同居介護をしつつ子育てにも追われる日々。義母は自宅介護を希望しており、Cさんは介護サービスを利用しているにも関わらず一人で全部抱え込んでしまっています。
「カイゴリアン」を使うことにより、外部にプライバシーを漏らすことなく家族間や、利用している介護サービス内でいつでも情報をやり取りすることができ、不安があればすぐに連絡が取れ、家族間のコミュニケーションもスムーズに。
Cさん(義母の介護をする嫁)
孤立感が少なく。
介護事業所
関わる家族全体に状況を伝えられる。
ケアマネ
連絡を密にして不満を解消。
メリット
・土日や夜間でもケアマネと連絡が手軽に取れるので安心!
・家族と情報共有できるので「こんなにやってるのに理解してもらえない」不安が少なくなる
メリット
・家族全体に、実施中の介護状況をリアルタイムで伝えられる
・起きがちな「全然やってもらってない!」という錯誤を防ぐことができる
メリット
・訪問できない場合も簡単に連絡ができ、安心感を与えられる
・随時正しい介護が行えているかなどを見直せ、ケアマネに対するクレームを減らせる