「カイゴリアン」で助けられ上手に!
みんなで助け合う、介護ネットワーク。
カイゴリアンは、パソコンやスマートフォンからインターネットを通して、
要介護者を中心に家族やケアマネ、医療関係者などみんなが繋がることができるツールです。
お試しで見てみる カイゴリアンの利用例
紙の連絡帳はもう不要!
スマホやパソコンで、要介護者の「いま」がすぐ見れる。
要介護者と離れて暮らしていて、様子が伝わりにくい。連絡がつかない。ケアマネさんも状況が把握しにくい。そんなことはありませんか?
「カイゴリアン」は、インターネットを通じて食事や入浴、体温などの詳しいバイタル情報はもちろん、写真付きで近況をやりとりすることができます。
連絡を密にすることで変化を見逃さず、とっさの状況にも対応できます。

介護の現場に、もっと安心とつながりを。

バイタル情報・入浴・食事・投薬・レクリエーションなど
地域のつながりをうまく活用して、
助けられ上手に!
カイゴリアンの特徴の一つに「つながりマップ」があります。 マップ上でつながりのある家族、ケアマネ、介護事業所、サービス、病院などがひと目で分かります。
どんなサービスを利用しているのか、いざという時どの事業所や誰に連絡をとればいいのか一目瞭然。
また、あなたのご近所のサービスを検索することも可能。

介護はひとりではできません。他人の力を借りなければならないことが多いので、上手に周囲の助けを借りましょう。
要介護者をよく知り、
本人にとって心地よい空間をつくれるように。
福祉の本来の主体者は、問題を抱えた本人です。自分の問題を自覚し対策を考え、担い手に助けてもらって身の安全を図るのが理想ですが、なかなかそれが叶いません。

「カイゴリアン」では本人の代わりに、通院・処方箋歴はもちろん、要介護度や周囲事項から、好きな食べ物、苦手なもの、や移設にしていることなど、 本人をよりよく知るための情報を記録しておくことができます。

家族、そして介護関係者がその情報を共有して、いつでもすぐ閲覧したりアップデートすることで連絡ミスを防ぎ、より快適な空間を作ることができるのです。
カイゴリアンの主な機能
本人情報 連絡帳・お知らせ サービス検索 招待機能 つながりマップ
要介護者の情報を登録して、いつでも家族や介護関係者と共有できます。 パソコンやスマホでお知らせを確認したり、簡単に連絡帳を作成したりできます。 マップ上で介護事業所を検索したり、要介護者の情報に応じて近場の介護事業所を表示します。 家族やケアマネ、利用中のサービスなど関係者を招待できます。 家族、ケアマネ、サービスや介護事業所などがマップ上でひと目で分かります。
お試しで見てみる 新規利用申込